« 01.11.28 (11/27午後~限定) チーズトマトミルフィーユかつ定食 松のや ¥700 武蔵小金井駅近くの、松屋系列の「松のや」にて | トップページ | 01.11.29 テレビ朝日テレビ番組、上沼恵美子のおしゃべりクッキング トマト料理が。 トマトポークカレー »

2019年11月29日 (金)

01.11.18 NHKテレビ番組、あさイチ トマト煮込みハンバーグ 片岡護シェフ

なんとか最終日にパトレイバーの30周年記念として放映された、映画の一作目を立川シネマシティーの爆音設備でみれました!

30年前のアニメ映画とは思えない映像と音楽とストーリーでしたねー。さすが押井監督!でも原作のゆるさも描かれていて楽しかったー。

 

・・・ふつーに作るハンバーグのトマトソースだそうですが(笑)

でも一般人ではなく、巨匠の作るフツーですよね?

どんなトマトソースのハンバーグなんでしょ?

01.11.18 NHKテレビ番組、あさイチ トマト煮込みハンバーグ 片岡護シェフ

トマトの水煮缶とトマトケチャップの二刀流なんですね!!

煮込みなのでふんわりやわらかいハンバーグなんですって。

ハンバーグの入ったフライパンに、赤ワインを加えてとろみがつくまで火を加え、その後に裏ごししたトマト缶詰、トマトケチャップ・とんかつソースなどを加え煮込み、最後にバターを加えまぜたら出来上がり!

本格的ながら家庭的でもありおいしいんですって!

トッピングされた生しいたけもおいしそう!

紹介HPは、こちら。https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/191118/recipe_1.html

 

以下HPより抜粋。

 

***
11月18日(月) この日の放送内容へ

 

トマト煮込みハンバーグ

 

片岡護さん(イタリア料理店オーナーシェフ)

 

材料・4人分
A?豚ひき肉200グラム
?牛ひき肉200グラム
?たまねぎ(みじん切り)150グラム
?食パン(6枚切り)1枚
?生しいたけ4枚
?パプリカ(赤)8分の1コ
?溶き卵1コ分
?バター20グラム
?牛乳50ミリリットル
?ナツメグ適量
?塩適量
?こしょう適量
?オリーブ油大さじ3
?赤ワイン80ミリリットル
?トマトの水煮(缶詰/ホールタイプ)150グラム
?トマトケチャップ大さじ1
?豚カツソース大さじ1
?にんにく2かけ
?パセリ(みじん切り)適量

 

 

作り方
1.鍋にたまねぎとバター(10グラム)を入れ、中火で透明感が出るまで炒めたら、粗熱をとる。
2.食パンはみみを切り落とし、小さくちぎって、ボウルに入れる。牛乳を加え、手でもみ、パンに吸わせる。
3.別のボウルでAをよく練り混ぜる。粘りが出てきたら塩(小さじ1)、こしょう・ナツメグ(各適量)を加え、練り混ぜる。溶き卵、(2)、(1)の順に加えてさらに練り混ぜる。
4.手のひらにオリーブ油(分量外/適量)を塗り、(3)を4等分して丸める。両手でキャッチボールをするようにして中の空気を抜き、1.5センチ厚さに成形する。
5.フライパンにオリーブ油(大さじ1)を熱して(4)を並べ、中火で片面約2分30秒間ずつ、両面にこんがりと焼き色がつくまで焼く。
6.紙タオルで余分なフライパンの油を取り除き、赤ワインを加え、中火で煮立たせてアルコール分を飛ばす。ケチャップ、豚カツソース、つぶしたトマトの水煮、塩・こしょう(各少々)を加えたら、ふたをして弱火で約5分間、煮込む。バター(10グラム)を加え、ハンバーグにソースをかけながら少し煮詰める。
7.しいたけは軸を除き、表面に数か所、浅く切り込みを入れる。パプリカは四等分する。別のフライパンにオリーブ油(大さじ2)、にんにくを入れて中火にかける。香りがたってきたら、しいたけの表を下にし、2分間ほど焼く。上下を返し、パプリカを加えてさらに2分間ほど焼いたら、塩・こしょう(各少々)をふる。
8.器に(6)のハンバーグを盛り、ソースをかけ、(7)のしいたけ、パプリカをのせ、パセリをふる。

 

***

 

 

|

« 01.11.28 (11/27午後~限定) チーズトマトミルフィーユかつ定食 松のや ¥700 武蔵小金井駅近くの、松屋系列の「松のや」にて | トップページ | 01.11.29 テレビ朝日テレビ番組、上沼恵美子のおしゃべりクッキング トマト料理が。 トマトポークカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 01.11.28 (11/27午後~限定) チーズトマトミルフィーユかつ定食 松のや ¥700 武蔵小金井駅近くの、松屋系列の「松のや」にて | トップページ | 01.11.29 テレビ朝日テレビ番組、上沼恵美子のおしゃべりクッキング トマト料理が。 トマトポークカレー »