« 東北限定 モンニャン部せんべい 狩りっと南部 シモフリトマト風(トマトのお菓子) 巖手屋  | トップページ | 福島県産野菜で、復興促進? 福島県産トマトで、カゴメトマトジュース販売。 »

2013年11月19日 (火)

25.11.04 今月の現代農業2013.12月号?で、トマトの栽培の極意が!「飽差」

トマトって、けっこうどの気候にも順応するけど。乾燥気味でも大丈夫だし、水草といっしょに育てても育つし。

25.11.04 今月の現代農業2013.12月号?で、トマトの栽培の極意が!「飽差」

蒸蒸らしすぎず蒸らす?・・・気温にあった湿度が大事らしい。その微妙なさじ加減を、「飽差」で考えるんだって。

トマトって、けっこうどの気候にも順応するけど。乾燥気味でも大丈夫だし、水草といっしょに育てても育つし。

でも、この飽差を考えるといいらしー。

たとえば30℃だと85-90%、19℃だと65-80%が最適みたい。

現代農業を読むと、こんな感想がかいてあったよ。

*****
葉っぱが変わり、収量が15%増えた
 管理を変えると、ハウスの中はこれまでよりもムシ暑いぐらいになったが、トマトの葉っぱが変わってきた。

「みずみずしいっちゅうのかな。普通はこわく(硬く)なる古葉がずっと若々しい感じでいくような」

 その差は収量にもはっきり現われた。例年、15~16tだったシーズンの反当たり収量が、終わってみれば18~19tまで伸びていたのだ。一気に15%以上の収量アップだ。

「トマトをつくって35年になるんだけど、こんなのは初めて」と、本人も驚きの変化が起きたのだ。
*****

紹介HPは、こちら。http://www.ruralnet.or.jp/gn/201312/tomato.htm

こんなのも。http://www.fc.chiba-u.jp/plant%20factory/project_plant/Holland_Ikeda.pdf

|

« 東北限定 モンニャン部せんべい 狩りっと南部 シモフリトマト風(トマトのお菓子) 巖手屋  | トップページ | 福島県産野菜で、復興促進? 福島県産トマトで、カゴメトマトジュース販売。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205081/58603400

この記事へのトラックバック一覧です: 25.11.04 今月の現代農業2013.12月号?で、トマトの栽培の極意が!「飽差」:

« 東北限定 モンニャン部せんべい 狩りっと南部 シモフリトマト風(トマトのお菓子) 巖手屋  | トップページ | 福島県産野菜で、復興促進? 福島県産トマトで、カゴメトマトジュース販売。 »