« 電車にトマト人間が出現!!  ゆるキャラ? 着ぐるみ? 日本テレビ スッキリ!  9時ッス!!コーナーにて | トップページ | (トマト情報)八王子駅にて 濃厚トマトラーメン:百馬、焼きトマトイタリアンラーメン:檜庵 »

2013年4月11日 (木)

スパゲッティーの木を育てるのにはトマトソース缶詰が必須! BBC 

知ってた?スパゲティーの木ってあるんだって! 

で、苗木を育てるにはトマトソース缶詰が必要なんだって!

25.04.09 スパゲッティーの木を育てるのにはトマトソース缶詰が必須! BBC エイプリルフール

イギリスBBCは、ずいぶん前からエイプリールの記事に力を入れてたようで。

最近では空とぶペンギンが有名ですよね。で、トマトもネタになったことがあるみたい。それは・・・!

ウン十年前から本格的にマジメくさったエイプリルフールの放送をやってたんですね。
トマトソース缶詰のネタは1957年のエイプリルフールに放送されたんだって。

・・・木に乾燥パスタ(スパゲティー)がいっぱいぶらさがってるのを収穫してるの!
で、スパゲッティーの木を上手に栽培する方法は、1)スパゲティーの小枝をトマトソースの缶に入れて 2)うまく育つように祈る。 
の2点だそうで(笑)

でも、こんな収穫風景を見せられたら、信じちゃうかもねー。
ペンギンが空を飛ぶ映像も、理屈を並べられたら、信じそうになるもん(爆)

以下、抜粋。
*****
スパゲッティの木出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内、 検索
スパゲッティの木(スパゲッティのき)は架空の木であり、BBCの時事番組「パノラマ」で放送された、スイスのルガーノ湖近くにおけるスパゲッティの収穫という3分間のいたずらレポートの題材である。

このレポートは1957年にエイプリルフールのジョークとして制作された。暖冬とスパゲティゾウムシ(架空)の駆除によってスイスのスパゲッティが豊作であることが紹介され、伝統的な「収穫祭」の場面では交配の必要性についての議論が放送された。

また、著名なアナウンサーのリチャード・ディンブルビーによるボイスオーバーによって、もっともらしさを演出している。パスタは1950年代のイギリスにおいて日常的な食品ではなく、主に缶詰のトマトソースのスパゲッティとして知られていた。一般には異国情緒ある食べ物とされていた。[1]ハートフォードシャーのセントオールバンズのロンドン通りにあったパスタ食品工場(後に閉鎖)とスイスのカスティリオーネのホテルで撮影された。

この話は「パノラマ」のカメラマン、チャールズ・ド・イエーガーが子供の頃にオーストリアの学校で、教師にスパゲッティが木に成ると信じるほど馬鹿だとあざけられた記憶から思いついた。

放送された4月1日に概算で800万人が視聴し、翌日には話の信憑性やスパゲッティの栽培方法、スパゲッティの木の育て方を尋ねる数百件の電話がかかってきた。伝えられるところによれば、BBCは「スパゲッティの小枝をトマトソースの缶に入れて上手くいくように願ってください」と回答した。[2]

放送された当時、イギリスでは1580万世帯中700万世帯がテレビを所有していた。[3]

2001年4月1日の新・クイズ日本人の質問で「1957年のエイプリルフールにBBCが放送したウソニュースは?」という問題が出され、このレポートが紹介されたことがある。

関連項目 [編集]
***********

|

« 電車にトマト人間が出現!!  ゆるキャラ? 着ぐるみ? 日本テレビ スッキリ!  9時ッス!!コーナーにて | トップページ | (トマト情報)八王子駅にて 濃厚トマトラーメン:百馬、焼きトマトイタリアンラーメン:檜庵 »

コメント

 スパゲッティーの木だなんておもしろいねhappy01
ネットをみてたらこんなのもあったよ。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130329/1048416/
ちゃんぽんとかまぼことケチャップだって。

投稿: hisae286 | 2013年4月11日 (木) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205081/57150862

この記事へのトラックバック一覧です: スパゲッティーの木を育てるのにはトマトソース缶詰が必須! BBC :

« 電車にトマト人間が出現!!  ゆるキャラ? 着ぐるみ? 日本テレビ スッキリ!  9時ッス!!コーナーにて | トップページ | (トマト情報)八王子駅にて 濃厚トマトラーメン:百馬、焼きトマトイタリアンラーメン:檜庵 »