« 夏の抹茶 ミスタードーナッツ | トップページ | 日本列島改造豆腐 »

2009年9月 5日 (土)

トマトのリコピンとは?ファイトカラー?

フィトケミカル

・リコピンとは?

 リコピンとは、赤い(トマトやスイカ、ニンジンなど)に含まれている成分。

トマトジュースには、もれなく含有量が書いてあるよね。

 カゴメ流にいえば、ファイトカラー。正式名フィトケミカル。第7の栄養素なんだって。ちなみに、5大栄養素(「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」)と、第6が食物繊維なんだって! 
色素(リコピン・ポリフェノールとか)や、香り・辛味・苦味の成分で、種類は1万種類もあるんだって!
で、フィトケミカルが何の役に立つのかというと、活性酸素の害を無毒化する抗酸化作用があるのだ。
よくわからないけど、日差しの強い所の野菜は色が濃いので(ナスとかトマトとか)、有害な紫外線から身を守ってるので、
それを食べれば、食べた人間も紫外線OK!って事みたいね。
目が疲れやすい人は目を食べ、内臓が・・・の人はレバーを、心臓が・・・はハツ。飛びたい人は蝶々を(^^;って発想はウソじゃないって事なんだね。

|

« 夏の抹茶 ミスタードーナッツ | トップページ | 日本列島改造豆腐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205081/46124071

この記事へのトラックバック一覧です: トマトのリコピンとは?ファイトカラー?:

« 夏の抹茶 ミスタードーナッツ | トップページ | 日本列島改造豆腐 »